忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

変形付録。 - 07/16/2008
■ 「変形祭り」アーカイヴ

【発端】
スキュさんのメカ

【変形メカ一覧 ― 祭り近辺(順不同)】
スキュ様
kwi-chang様
zizy様
mechpalace様
かわず様
・あきば様

【変形メカ一覧 ― その他ピックアップ】
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=56839
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=135948
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=213666
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=273480
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=287627
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=325414
www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=328058
kawalego.seesaa.net/article/67296272.html
www.studio-waka.com/page/080507-110950-38140.php
colorful.ddo.jp/legotama/mrf/021/index.htm
オマケ : とてもためになるVAN-FORCE感想 (合体だけど)

※記載させて頂いた皆様、 勝手に収拾してます。事後報告申し訳ございません。
※「過去作品」が意外と発見できません。BSはほとんどバルキリーかトランスフォーマー系。
 検索ワードが悪いのかな。追記求ム。


------------------------

【izzoコンテンツ】
・製作物
 2008年 1 / 2 / 3 / 4
 2007年 5

・BSフォルダ
 [izzo's Transform Mechs] ― ブログ未掲載2品有

・一生懸命な考察記事
 「変形概念におけるメカの分布」
 「飛行機型変形の分類」

・オマケ

描きまくったラフ群。
ほとんどは「変形前後の部位の位置関係」を把握するために描いたもの。
役には立ちましたがバカ丸出し。


Iバー創出の瞬間。
Tバーを折ったのはこれで2回目。しかも以前はLバーだった。
真ん中のふくらみが邪魔。
PR
変形外伝。 - 07/15/2008
  

  
[Izzos Transform Mech Trial - Japanese Transform Mech Festival]


【動機】
変形メカ祭り

【設定】
-

【通称】
ガンダム関連もどき

【図案焦点】
ガンダム周辺メカを10分ガン見した脳内映像を元に捏造

【特筆点】
6本作って一番マシ
M字開脚畳み込み型変形

【技術工夫】
股間, 膝, 肘の2段関節
外殻構成による飛行機フォルムのライン

【特需部品】
特に変わったパーツは無し
強いて言えば色

【参考資料】
ガンダム関連 - その1 / その2

【紹介記事】
Young Spacers Blog Association - Izzo's Transformers
The Brothers Brick - The transforming mecha of Izzo


【あとがき】
変形祭りの〆ということで。
昨日まで泣き言をのたまいながらも、何だかこのままでは禍根を残す(笑 ような気がして家に帰って一発奮起。製作時間かっきり4時間。今までのトライアルの成果が出たのでかなり製作スピードもアップ。
で、ガンダム様式美を可能な限りトレースた今作。フォルムやカラーリングなど、見た目の既製感 / 安心感を重視した結果、我ながらまともな感じになったのではないかと思います。やっぱりオリジナルって難しいですね。
変形終章(愁傷)。 - 07/14/2008
変形、泣きそうです。
前回から3日間、土日をフル活用していじりっぱなしですが、もうヘトヘトです。

> 高速移動形態(飛行、ビーグル)と、近接戦闘形態(人型)がメイン
> ロボットの厚みをスライスしてビークルモードでどう並べていくのか
> 様式美


あらためて、この3つの定義に触れながら変形対象を再考する。この上で最も頭が痛い障害になるのが、「腕と脚の位置処理」について。
結局、一番美しく収納する形態を考えると、やはり当初の飛行機タイプになるのではないか、という結論に落ち着く。

まず、一概に飛行機タイプといっても色々あるので、以下の様にピックアップしてみる。

1. 仰向け膝曲げ型ゴッドバード, Zガンダム など
2. うつぶせ逆脚型ビルバイン など
3. 雑技団的後ろ折型VF-1, レギオス, ユニオンフラッグ など
4. M字開脚畳み込み型ZⅡ など
5. 完全格納型スタースクリーム など
6. 完全変態型ジャンボーグA など (※動画です)

●リンクさせて頂いたサイト様 m(_ _)m
玩具とか模型とか
C-ZONE:A
鉄(くろがね)のタマシイ
無敵ロボ研究所
ガンダムトイの部屋
Kノどらんく
日々の生活
上州メカ好き村


ダイジェストで書いてみるとこんな感じだろうか。
5, 6番は論外として、機構さえ理解できれば後は何とかなる・・・かも知れないレベル。で、どのタイプが最も楽か自然な変形が出来るかをチョイスした結果、一番無難そうな3番で慣行した結果がこれ。



赤染め。
パーツ選択に困らない範囲のカラーリングってことで。興奮しやすい色目なので、落ち着いてギミックを考える選択じゃありませんね。わははは。というわけで臨界点に突入。これだけ一生懸命考察しても納得いくものは1つも出来ず、とうとう断片情報のスキマも覗けませんでした。また3年後ぐらいに。

以上、izzo的「変形メカ祭り」でした。
明日あたり、勝手にまとめ記事でも作ろうかな、と思ってます。
待ち状態です。
変形次章。 - 07/10/2008
変形、頑張ってます。
この間の発表から2日間ずっと触りながら、あろうことかラフまで描いたりして。

しかし、そもそも何で変形しないとイカンのでしょうか。
変形によるコストアップとか操縦士への余計なシミュレーションの負担とか故障や迎撃の隙の発生とか、冷静に考えれば無駄なことの方が多いんじゃないか。だんだん振り出しに戻ってるぞ。

では、あらためて問う変形メカとはなんぞや。古今東西のそれを、各々のジャンル/コンセプトに則りながら分布図上で解析し、自分にピッタリな製作対象を探してみることにする。
(もしかつて同じ検証をされてる方が居たらスイマセン(^^;)

一応、分布する上での定義というか、ルールをまず決める。

・単体単独変形で、合体的ドーピング無し
・人やロボなどへの装着または武装化など、2次的展開無し
・トランスフォーマー(変形対象全網羅系)無し


以上の「3無し原則」に基づいて構成したのがこれ。


【 図Ⅰ)変形概念におけるメカの分布 】

性能(攻/防/速など)の特化か単なる擬態か。あるいは移動手段なのか格納上の都合か。
物語中露出の多い方=アトラクティヴなイメージがベースであるとしながら、変形によりメリットが出た方向を指し示す様相で分布。多少分けきれない部分もありますが、だいたいこんな感じじゃないかな。

これにより、変形メカが往々にして如何にスポンサー意向を汲んだものであるか移動 ― 局地進入という構成要素が重要視されていることが分かります。
そしてその多くが、そのベース~車や飛行機など、元のすぐ見て取れる端整さを重要視するあまり、擬態的な外装を分解しながら変形を行いますが、レゴで再現する上ではこの機構が相当のクセモノ。巨大な一体成型パーツは限られるので、"厚み"という物理的な障害が発生します。ですんでなるべく素材を活かした部位の位置変更、という展開を行わなければなりません。


さて、今日の変形祭りあらためトライアル(笑
以上の無駄な考察を経、今日はバイク型というかトライクをチョイスしてみました。



「ロボットの厚みをスライスしてビークルモードでどう並べていくのか」
聞く所によるものが全く活かされてません。しょぼーん。こないだのよりはマシかも知れませんね。ガーランドなんかも割と塊感が強いんだけど、何が違うんだろう。いや何もかも違うだろ。自分ツッコミ。

よくよく落ち着いてみると、この「変形メカ祭り」って、別に「ビークル系マシンが人型ロボになる」と詳細に誰も定義していないのが判明しました。今更かよ。
※ 後日再定義されました。
もっと表現に応用を効かせるべきでしたね。盆栽に多脚が生えるとか凱旋門が戦車になるとか、ナンセンスなものを考えるのも一興かも知れません。
あ、それがトランスフォーマーか。
変形序章。 - 07/08/2008
変形、難しい。
この3日間ほど毎日触ってますけど―いや、古くはこの記事の頃から一生懸命やってるんですが一向にいい様にならず。

いや、変形メカ好きなんですよ。バイクとか車とか金色のライターだとか、変形元がおかしければ可笑しいほど―ギャップが成り立つほどに見る楽しさが出るというか。
で、何でサクッと出来ないのか。
冷静に考え、以下のように原因を要約してみた。

1. 変形前後のフォルムイメージ (何から何に成るか)
2. 変形の理由付け (何のために変形するのか)
3. 変形による自分的納得ディテールへの妥協


もっと平たく言えば面倒だからとか燃える製作ポイントが見出せないから、とかどうしようもないレベルなわけでして(^^;

そこで、単純に"断片情報"にかするためのモチベーション~テストパターンを自己開発するために、上記のような概念を捨て、もう少しフランクな方法でアプローチすることにする。
関節を2段にしたりプレートつなぎに遊びを与えたりして、いつもの調子でとりあえずロボ素体のフォルムを出しながらとにかく可動部分を増やす。で、適当に手や脚をグニグニと「何か他の形」になるまでこねくり回す。つまりは直感が頼り。

名づけて「スネークキューブ作戦」。
ということで、変形しました~てな感じなのが下のもの。



便乗型の飛行機で。テスト結果の報告の趣でとりあえず。
ついでに自分的達成度もグラフ化してみました。そのままの「変形しません」を基点に、「断片情報」~鍋がロボになるという、現物は見ていないけどスゴそうだという伝聞を経て「完全変形」を目指すという。
祭りというよりは現時点で試練に近いです。ただ、早くしないと旬なアーカイヴ(自主的)が出来ないので、もうちょっと頑張ります。


izzo
music, alcohol & LEGO
since Mar.30 / 2006


▲ Top
■ Works & Topics
● Links