忍者ブログ
[PR] - 10/01/2014
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甲冑機械~六。 - 04/23/2007
最近itunesの、ジャケットアートワークのヴュゥワー機能に凝ってます。
itunes用のCDDBだとほとんど画像が入手出来ないのでローカルで編集。とりあえず100枚ぐらいを表示してパラパラパラ~ってやると楽しい。ミナミや新宿の、うらぶれた雑居ビルのレコ屋でガサゴソ漁ってた日々を思い出します。



[Armors] ― 第6回。



6回目にしてドノーマルなものが出てきてますけんど、一応実験のため最終形が上手く行かなかった、ということを各々適宜補完しておいてもらえれば、なんて。

何の実験かと言いますと、



はいこれ。
鎧用の素体・・・というか"着せ替え"の概念をどこまで上手くディテールに出せるかをやってみたわけで。
着脱用ポッチを考慮しながら、単体でもある程度見栄えするように作りこんでいく。まあぶっちゃけ「素体やろ、これ」的ツッコミの域は出てませんけど。

なるべく上乗せのために、従来の素体より線細く作っていく。
ところが、簡便な着脱を目指して外装すると、どうしても肉厚が増してしまう。



試験段階だとこんなの。思わず呼吸困難に陥りそうなブレストプレートというか、ケンシロウの肉襦袢というか。ここで悩むこと1日。
んで考えた挙句、



こんな風にチューブを絡めつつ、ツメプレートでタイルを重ねていけばそれっぽくなるのではないか、とやってみることに。


 

おかげで可動範囲を取ることは出来ました。
実戦では隙だらけの外装と相成りましたけんど、そこはこのサイズにおいて、且つ簡便性を主にした上で労をご考慮いただきたく。まあX-podのフタをまんまシールドにしてるところからして息切れが見えてますね。わはははは。




総展開図。
チューブである程度パートを繋いだことにより、鎧の着方というよりはユニット的様相に。なかなか楽しいものが出来ました。

で、なんでこんなに手間をかけたかと言いますと、





バガァッッ!!!
「アーマーオフッ!」

これがやってみたかっただけなんです。
おわり。

他詳細、拡大画像などはこちら。
・My Brickshelf ― Armors-armor06
PR
Comments

Name
Mail
URL
Text

チューブ、カッチョイイ!
最近のSFインナースーツみたい!
あ、甲冑でしたか。

でかいラウンド・シールドなら、短剣の方が小回り利きそう。

>あ、甲冑でしたか。
お、おのれぇ~~~!!!
・・・まあ、着脱以外はもう適当そのものなので、xuerenさんのツッコミを誘引すべく作ったといっても過言ではありません・・・
と、

>短剣の方が小回り利きそう
まだ突っ込むかしかし(笑
この手抜きシールドはラウンドシールドではなく、バックラーに近い発想のものです。

ああそうとも、こじつけだよ。

いやぁ、この発想は無かったです。
思わず膝をポンッと打ちました。
EXO-FORCEのチューブにこんなステキな使い方があったなんてw

>EXO-FORCEのチューブにこんなステキな使い方があったなんて

フレキシブルで適度に摩擦力があってと、柔軟なパーツ組にはもってこいですね。ツメプレートの固定具合もすこぶるいいです。お試しアレ。


izzo
music, alcohol & LEGO
since Mar.30 / 2006


▲ Top
■ Works & Topics
● Links