忍者ブログ
[PR] - 09/16/2014
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重機参加。 - 06/23/2011
梅雨です。







[Juki 201107 - "Dragoon"]


LEGO画像掲示板主催「架空重機コンペティション2011」参加作品です。

製作のテーマとしては、
人型を避ける。
作業目的をハッキリさせる。
フィグスケールにする。
出雲の神(笑 に頼らないようにする。

・・・とかなんとか自分で枷を決めておいて一応捻ってみました。

全体的に相変わらず線が細いな~とか思いながら、実はその鬱憤でこないだのオモシロ素体を作ったりとか、ちょいと順番が逆になりました(^^; でもギミカルな点など自分的には色々新しいことが出来たので満足。

ちなみに、これでも一応1回ボツを出してます。
それがコレ。



これはこれで面白かったんだけれども。


管理人様、あらためてお疲れ様でございました。
諸々の進行の苦労は相当だったと察します。
また楽しいイベントがありましたら、是非参加させて頂きたく思います。
PR
重機再想。 - 11/01/2010
11月になりました。




  
[juki 201011]


2週間ぶりの更新。なんかすごいハイペースな気持ちだけする。

例によって大久保氏の記号をちりばめながら、氏の本義ともいえる
「何のための重機かわからない」
に則り、わやくちゃな妄想でひねってみた次第です。

ポイントは、前述記号の配し方と"異形"をモチーフに三本脚、というテーマがあるのかどうかわかんない行き当たりバッタリ作戦。



■ 追記 ■

スウェーデン・ボルボ社の2020年仕様と言われる重機シリーズ。
久々に未来に希望が持てるデザイン。
 → http://bit.ly/a7xRhc
そのうち、Excavator [Sfynx]のディテール。(※pdfファイル。重いです。)
 → http://bit.ly/daomoL
面板立脚。 - 05/31/2008


  
[ PseudoVT - named Vitzo ]


【動機】
立方体構成, オラテツ

【設定】
VTもどき

【通称】
ビッツォ

【図案焦点】
面, 板, 角, 鉄

【特筆点】
太腿, スネ, 腰

【技術工夫】
「さよならTバー」継続中 (顔は %194 - 前回と共有
ほぼ水平の開脚でハの字立脚
4081b を挟んだ両面凸構成で脚の"板っぽさ"を表現

【特需部品】
関節他 : 32013, 32015, 32002
(ここ最近激しく使用頻度の上がっている32013。
 実は手持ちパーツの中で最もダメ部品だったという告白(^^;)

【参考資料/リンク】

「出雲重機 INDUSTRIAL DIVINITIES」

大久保淳二 著 / エンターブレイン
>> official - IZMO JUKI
>> Steel Batallion Org.

【紹介記事】
Young Spacers Association Blog - Izzo Vitzo


【あとがき】
通称のとおり、ヴィッツを妄想しながら捏ねてみる。後で脳内のブレ度を測定(答合わせ)してみたら、意外とトレース出来てたりメチャ適当だったり。
色の組合せでは最も好きなパターンのひとつ、タン+旧濃灰。鉄らしさは出たかなとか。
こんな脚の形状でも、ちゃんと整合感や端整さが出るっていうのがあらためてスゴイですね。
氏はまさにメカデザインの新たな地平。
立脚詳細。 - 05/29/2008


  
[ Early VT - Counter-Legged Mech on the detailed frame ]


【動機】
逆脚研究, 素体の複層, オラテツ

【設定】
初期のVT

【通称】
鉄騎のラフ画

【図案焦点】
ネジ, バネ, ギア, 穴, 鉄

【特筆点】
両腕武装部のスキ間表現

【技術工夫】
「さよならTバー」継続中 (顔は %194
6558(長コネクタ)+ ビーム と Stud&Tube による関節構成
苦手なテクニックパーツの積極的利用

【特需部品】
関節 : 32557 (初), 6536, 41678, 42003, 43857
他意匠 : 2791 (初), 4265c, 55981, 6248, 42610

【参考資料/リンク】

「出雲重機 INDUSTRIAL DIVINITIES」

大久保淳二 著 / エンターブレイン
>> official - IZMO JUKI
>> Steel Batallion Org.


【あとがき】
いつもの書籍も紹介してますが、インスパイアのみの捏造品です。
フォルム以外のデザインの符合は無い・・・ですね。
テクニックパーツの構成にすると、動かすと微妙にきしむというか、ゆらゆらするんですがポッチ接合よりはしっかり組み合ってるのが面白いです。
※ 追: 3回に渡っての感想
「Tバーって便利すぎ」
鉄骨裁断。 - 04/28/2008
世間では大型連休に入った方もいらっしゃっるようで。
私にゃ関係無いですけど。




  
[ named "Dragon Scissor" - iron frame cutter ]


幾人かの方に、
「重機コンペ参加してなかったんですね」
と言われる中、1ヶ月以上ぶりにレゴに触れる。
出さなかった理由は、サンプルを3つも出したから主催者としては露出し過ぎかな、と思ったので。

で、一通り落ち着いてから後出しジャンケン(笑 とリハビリしてみたのがこれ。一応考えながら作った"製作コンセプト"など。

アンバランスな駆動体系に、馬鹿みたいなアウトリガー(脚ではない)を設定して、ある種の非現実さを醸してみる。仕様用途は考えてなかったので、土台が概ね出来上がってから、それに似合うアームということで鉄骨カッターを搭載。
実際自動車解体とかでこんなのがあるんですが、それをデザイン的に無駄に拡張した「架空重機」です。チャームポイントは油圧部分。既出構造かも知れまへんが。



こんな感じで作業します。鉄骨裁断のみなので、他の解体機とコンビでないと行動できません。この辺りはレギュレーションをクリア。

でもちょっと微妙なので、やっぱり出さなくてよかったな、とか。


izzo
music, alcohol & LEGO
since Mar.30 / 2006


▲ Top
■ Works & Topics
● Links