忍者ブログ
[PR] - 07/27/2014
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

解体作業。 - 09/01/2006


重研2機目。
昨日が補修なら今日は解体。狙ったわけじゃないんですけど。
脳内映像から製作。ちょっと人型フィグ乗りなテイストなので、本来的なフォームの発展型という趣です。
左手のクローが個人的にいい感じ。


何気に並べてみる。車庫が欲しくなるなあ。
このように、今シリーズは薄グレーベースに黄色をワンポイントで入れる配色にしていこうかなあと思ってます。

他詳細、拡大画像などはこちら。
● ホームページ
● My Brickshelf


----雑言----
奥泉光氏いわく、日本では江戸時代あたりから「個性の時代」が叫ばれていたそうな。社会構造というか、システム的に裕福になってきたら、個々の主張が強くなってくるので、何となく納得のいく発言です。
レゴをやってて、「個性的だなあ」という褒め言葉を使う、使われるときは微妙。技術的に褒めようが無ければ、(評価することから)逃げている表現になってるわけなんで。もっとも、私は自分の場合、対象にテクを認識した上の羨望の意味で「個性があってええなあ~」と言うことがあります。
例えば100人にレゴを与えて、自由に製作させれば100通りの作品が出来るのは当たり前。その全て、それぞれに"個性的"といい評価が与えられることはこの世の中では無い。あるとすれば幼稚園のお遊戯作品ぐらい。だから年や経験相応に、技術や才能の裏打ちがある作品が突出し、それを指標に技能磨きに邁進する人が出てきて、面白くなるというか。馴れ合いの脱出。それでやっと個性的といえるんじゃあないかと。

「レゴが上手い」より「美味いレゴ」と言われるようになりたいなあ、と最近よく思います。テクはもちろんありき、ですけど。
PR
Comments

Name
Mail
URL
Text


izzo
music, alcohol & LEGO
since Mar.30 / 2006


▲ Top
■ Works & Topics
● Links